タルヲシル

関西ワーキングマザーのえれなのブログです。食べることと春が好き。思いついたことをつらつらと書きます。

30過ぎると楽しいと思ってたのは錯覚

この半年ものすごく忙しかった。

仕事人生2回目くらいに忙しかったように思う。

子どもを迎えに行くリミットを考えると仕事を時間単位でさばいていくしかなかった。

 

そしたら人生に疲れてしまった。

 

楽しいと思う気持ちがすり減ってきた。

風邪もなかなか治らなくなったし、

太ったし、

声はでなくなったし、

このまま体力も健康も徐々に失っていって、人生ってなんなんだって思う。

 

まずプライベートで笑わなくなった。

なによりこどもが可愛いと思えなくなったら黄色信号だと前自分で言っていたが、今それだ。

ちっとも可愛いと思わない。

旦那のことも別にそんなにどうってことはない

好きか嫌いかだと好きだけど、愛かと言われると分からない。

 

なんせマストが多すぎる。

義務アンド義務アンド義務。

自分のやりたいことができない。

義務にかろうじてできることがのっかる。

目標とやりたいこととが違う仕事なのかもな。

やっても報われないなら初めからもういいかってなるのは心が弱いからだろうか。

 

やりたいけど途中で止められるのが本当にイライラする。

映画も見たいしご飯も食べに行きたいし遊びにも行きたいし旅行にもいきたい。

服も買いたいライブにも行きたい。

寝たい、漫画読みたい、喫茶店に行きたい、本を読みたい、映画館で映画を見たい。

 

30代になったら家族がいる代わりに個人の自由がなくなった。

じゃあもう要らないか?ってなりそうになる。

 

仕事は別に家族がいようがいまいができるが、雑談の中に家族の話が多すぎる。

 

妻だから母だから女だからなんなのだと。

 

疲れたなあ。