タルヲシル

関西ワーキングマザーのえれなのブログです。食べることと春が好き。思いついたことをつらつらと書きます。

応用情報午後60点ぴったりで合格

ようやく応用情報技術者に受かりました。

 

会社にて絶対に取得せよと言われていたんで、もっと早く取りたかった(笑)

成績発表の日、前日から憂鬱でお腹痛かった…。

 

昨日、受けた昔の問題冊子たちを積み上げて数えたら、ものすごく分厚くなって悲しい気持ちになりました。。

10回以上申し込んで実際に受けに行ったのは8回くらい?

 

結婚して途中で名前も住所も変わってるとはいえ、合格についてパーソナルデータは全く考慮されないもんだなと思いました。

学校じゃないしね…。

何度も受けてるから合格にしたろ!みたいなんないんかね、と思ったけども。

そんな奇跡はなかったよねっていう(笑)

 

午後問が苦手すぎて、緊張してしまい、いつも時間不足でした。

今回は、今までで一番時間配分に気をつけて、全問とりあえず回答を書くところまではしました。

 

結果論で考えると、私は秋の方が向いてるのだと思いました。

基本情報も秋に取得だったし。

春は傾向が変わる可能性があるような?

前回もアジャイルの開発の問題分からなかったし。

 

で、今回はいつもと違う作戦にしました。

もし文系出身の人で、午後が苦手な人の参考になれば。。

 

作戦。

1.情報系専攻出身ではないので、今までチャレンジしてきたシステム系の問題は選択せず、得意なマネジメントの問題にシフトしたこと。

(1問は、業務経験のあるデータベースにしましたが)

 

2.セキュリティは必須なので、問題集を解きつつ、日経コンピュータや日経SYSTEMSを読んで、基礎的な知識を増やしたこと。

 

3.解き方は、冊子にすべての回答を控えるのを諦めて、アイテックの問題集の言うとおり、問題はとりあえず3分で目を通して、問題を解きながら内容理解を深めることを意識したこと

 

4.計算問題が超絶苦手なので、文書問題に力を入れてたこと。

問題でなにを聞かれているのか、何を答えることを求められているのかを考えること

問題の中で出てくる文言を使えないか、また、解答が問題と矛盾していないかを確認すること

 

…です。

 

それでもギリギリ60点でしたけど(笑)

 

でも合格は合格だもんねーーー。

 

スキルアップの勉強、その結果を示すための資格取得ですが。

私は資格取得は人事の昇格要件で、喫緊の目標達成が必要だったので、知識の理解を深めることよりも、試験に受かる方を優先しました。

応用情報は出題範囲が広いので、カマかけるのは難しいと思います。

 

長年の戦う相手が居なくなって、次どこに行けばいいのか心がぽっかりしてます。

 

高度は何受けよう。。

 

とりあえず自分おめでとう!!!

 

解放されたー!!

 

追記。

2018年春はプロマネ受けることにしました。