読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タルヲシル

ワーキングマザーのエレナのブログです。システム開発の会社に勤めてます。春が好き。

時短勤務こそ、作業ログをとろう。

ママ ワーキングマザー 仕事

こんにちは。

ワーキングマザーのえれなです。

 

JRの通勤電車のアナウンスが人から録音再生になって、ビビりました。

うーん、機械的〜〜。

でも英語アナウンスがある方が、海外からの旅行者にはいいですね。

 

さて、仕事が時短になってから、やり始めたことがあります。

業務の作業別に、作業ログをとっています。

 

ライフログの仕事版です。

個人的趣味?で、作業予定との乖離、1ヶ月単位の自己振り返りにつかっています。

うちは、セキュリティの都合で社内の自端末にフリーソフトが入れられないため、面倒ですが、エクセルにまとめてます。

別に手帳やメモ帳でもいいんですが、あとで計算する時に表計算ソフトの方が楽チンです。

 

今、仕事が事務方なので、定例作業がほとんどです。

RPAツールにそのうち仕事取られるんだろうなwとか思いながら、仕事が創る側から、淘汰される側になっちゃったなーという悲しい思いを抱きつつ(笑)

 

作業結果の証明と、この作業どんぐらいかかったか?と聞かれた時に回答できるように、作業ごとに開始時間と終了時間を記録してます。

たとえば、朝のメール確認が開始8:30〜終了8:35で、合計0:05分って感じです。

 

一日の作業合計が指定の時間に達していればオッケーなわけです。

実際には、出勤と退社時間が分単位でずれるのと生理現象(トイレとか)があるんで、きっちり時間ぴったしにはならないですが、まああくまで目安ってことで。

 

(時短している分、もちろん給料も減額されてます。復帰1回目のボーナスは寸志で、もらえるだけありがたいって感じで、産休前までフルタイムで働いてたぶん、時短利用でお給料減ると地味にショックですよね…)

 

弊社の制度上残業できなくなったので、(それもどうかと思うけども)朝の15分くらいはいつもほぼほぼ同じ動きです。

メール確認して、事前に予定してた作業時間を組んで、今日の定例作業を進めます。

 

人間は、心理的に、毎日変化しないことに安心感を覚えるそうですね。

逆にいうと、なかなか変化しようとできなくなるんで、意識しないと変わられないということでもあります。

 

不満がありながらも、新しい職場に旅立てないのも、変化が不安だからなのでしょう。。。

 

作業ログをとっていると、無駄に過ごした時間とか、トイレ休憩に結構時間かかるんだなとか、毎月の作業で取り組む時間が平準化してきたな、とか効率化へのヒントがわかります。

 

トイレなくすは生物学的に無理なので(いや、オムツという道具もありますが、大人としてそこまでいったらおしまい)、突発作業で物理的に時間が足りない時はお昼時間を返上することがあるので、残業可能時代のくせがまだ残ってるなーとは思います。。

集中力をあげて作業をするためにも、休憩はとるべきですよ。

休憩せずに作業したところで、成果物の品質の結果の として非効率かなあと。

 

あと、この作業おねがいねって上司に言われた時に、今月残りの時間で取り組むことができるか、なんとなく算段がつきます。

残業はできないので、指定の時間までに成果が出せないなら、作業を調整する必要があります。

 

昔は、はいはーいって作業を受け取って、枠に入らなかったら残業でカバーすることもしばしばですが、今はできないことはできませんというようになりました。

そうしないと職場にとって不幸ですからねー。

 

作業ログをとるのは面倒ですが、慣れると意外と簡単に取得し続けられますよ。

タスクの切り替えタイミングに、エクセルだったら[Ctrl]+[:]キーを押して、セルに入力するだけです。

タスク同時並行が好きな方、本当にそれって効率的ですか?

タスク切り替え時に、作業を思い出す時間が必要じゃないですか?

ある程度作業は塊で片付けていった方が、結果的に早いことが多いのではないかなというのが実感です。

 

女性は、同時に複数の記憶を思い出しやすいと聞いたことがあります。

これをやってるときに、そういえばあれどうなってるんだっけ?と思い出してしまって、気になって横道それてしまったり。

何してたんだっけ?ってなると、頭が混乱してしまいますよねー。

 

事実の可視化がポイントです。

時間が限られてるひとこそ、作業結果の把握にはオススメですよー。

 

作業してたら人から電話もらって中断してた、なんてのもよくありますよねー。

電話の時間をログしとくと、意外と時間が取られてることに気づきます。

 

ライフログも取りたいんですが、いかんせんこどもを相手しながらは厳しいですね(笑)

 

そのうち、いろんなツールがでてきて、改善に改善を重ねて、少子高齢化ですし、働き手もどんどん減ってくので、AIに使われるものとAIをつかうものの2択になってくんじゃないかなーと思います。

 

人生の自分の時間は、自分がやりたいことをやるための時間です!

(くうねるあそぶを含めて)

 

今はMUSTの仕事ばっかりでつまらんので、CAN,WILLを増やしていきたいですねー。

 

チキンハートなので、なかなか職場に言い出せないんですが、まずは自分の意識から変えていかないとなーと思います。

 

世界が変わるのを待っていては、遅すぎます。

ばーちゃんになっちゃう。(笑)

 

まあ、こどもが現役世代になる頃には、もっとやりやすい世界になってるよう、今くらい苦労しとこうかなーというくらいです。

 

報われなかったら…そのときはしゃーない(笑)って、笑いとばせる余裕があるといいな…。

 

お互い頑張りましょうー。