読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タルヲシル

ワーキングマザーのエレナのブログです。システム開発の会社に勤めてます。春が好き。

病児保育のありがたみ

病児保育 ワーキングマザー 仕事

ワーキングマザーのエレナです。

 

女性には様々な壁があるらしいですが、人生で壁を感じることほどナンセンスな時代はないですよねー。

なぜこんなに生きづらいのかと。

もっと人生楽しく過ごしたいなーと思ってはいますが、まだ行動できていません。(笑)

 

さて、うちの子が発熱した時に病児保育にお世話になっているのですが、病児保育、本当にありがたいです。

登園前の診察時間がちょっと通勤時間帯に間に合わないのがネックですが、これはわたしが遠い会社に勤めているせいなので、あまり直接的な原因ではないかと。

 

最初、行った先で別の病気もらったらどうしよう、とか、体調悪いときくらい親が見てあげたほうがよいかな。。と散々ネガティヴなことも思いましたが、結果的にはうちではありがたく使わせていただいたいます。

 

やっぱり、有休に限りがあり、休むこともできるが仕事もしたい、職場に迷惑かけたくないという心象です。

休んだら他の方に仕事のしわ寄せがいくのは事実なので、なるべく休みたくないんですよねー。

 

話が逸れますが、本来であれば、そういうときはさくっと休める世の中だといいのですが、日本人は真面目集団ですからねー、なかなかいろんなことが許せる文化になるにはあと50年くらいかかるのではないでしょうか。_| ̄|○

寛容さが足りなくなってきている、ということですが、それだけ世の中に余裕がないのでしょう。

寛容になろうと思ったら、まず自分が満たされていないといけませんからねー。

 

さて、病児保育は、事前登録制が多く、当日は予約して診察してオーケーであれば、預けられるところがほとんどかと思います。

都会なら、病児もみれるベビーシッターさんも視野に入るのでしょうが、うちの地域はそういうサービスないのですー。

病児保育も1つだけで枠も限りがあります。

いいですよー!と広めたい反面、競合が増えると予約できなかったらどうしよう(笑)っていうところではありますね(^^;

 

それでも、やっぱりもっと増えて欲しいなと思います。

本当に助かっているので。

お値段は1日3000円以内です。

いわゆる駅前にありそうな認可外サイズの保育園です。

 

看護師さんが定期的に部屋に見にきてくれるので、吸引、投薬などの看護対応してくれるところが、普段の保育園と違うところです。

保育士さんもベテランさんなので、様々な歳の子を混合保育で見てもらっています。

あと、感染症予防のために、部屋が複数あるので、園内感染を防ぐように気をつけてくださっているようです。

 

うちの子は週一でなんらかの病気(風邪含む)で小児科にお世話になっていますので、そろそろお薬手帳もパンパンです。

 

お薬も、粉でもらっていますが、朝晩の1日2回にしてもらっています。

普段の保育園に昼のお薬頼んでもいいのですが、お互い色々手続きやら準備やらがめんどくさいかなと思い、量の違いで効果が一緒ということで、いつも2回にしてもらっています。

 

気になる方は一度、近くの病児保育の見学に行かれるとよいかと思います。

私は1択しかなかったので、見学せずに、即日預けました。

普段より先生の人数の都合上、先生を独り占めでき(笑)、こどもは喜んで登園して遊んでいるようです。

(普段は10名以上のこどもが同じクラスにいるので、先生は譲り合い?な感じでフリーダムです)

 

病児保育が活発になる程、今度は病児保育に預けて仕事にこれないの?という別の問題も発生しそうですが、その辺りのバランスは難しいですね。