タルヲシル

関西ワーキングマザーのえれなのブログです。食べることと春が好き。思いついたことをつらつらと書きます。

全ての人に好かれる人なんているのか?

おはようございます。ポンコツ故障しかけワーママerenaです。

 

突然ですが、みなさんは、なりたいと思っていたものになれていますか?

私は、半分叶って、半分はまだ、と言った感じです。

 

学生の頃は、善き人に憧れていました。

人の善意を信じて疑わなかったのです。

いい意味でも悪い意味でも阿呆かなとは思います。

 

有名な少女マンガ、フルーツバスケットの主人公、透くんの影響は存分に受けていました。

誰からも好かれるように、人にいい印象を与えるように。

いつも穏やかで、癒されて、という人間像に、なりたかったのです。

 

独身、結婚しても子どものいない頃は、その人間像を作り出し続けることができていました。(と自分では思います)

子どもができた途端、今更ながら気づいたのです。

 

人とは利害関係が一致しないこともある。

存在自体を疎まれることがある。

 

そう、全ての人に好かれることはできない。

 

私にとっては大いに衝撃でした。

何をやっても無意味な人間関係もあるのだと、愕然と失望したのです。

 

愛想を振りまく相手も絞らないといけない。

仲良くする相手も、本音を言う相手も、同様に。

 

親になった途端、真の意味で自分の理解者はいないのだと感じるようになる機会が増えました。

守るものはできたのに、意見や考え方はそれぞれ違い、100%の協力者はないのです。

(元々人間自体不完全ですが)

この援護は味方なのか敵なのか?

前からくるものを守ろうとしたら後ろから刺されたとか?

孤独です。

不安が解消されたことがない。

 

会社の同僚について。

育休で休んで、その間共感性の高い人間だけに囲まれていると、「いつも肯定してもらえる(たいてい否定されない)」そんな環境に慣れていたのでしょう。

復帰したのはいいものの、想像以上に休むことになり、引き継ぎしたり、仕事に穴が空いたり、やるはずだった作業をお願いしたり、先方に負担がかかるのは理解しています。

それが疎ましいと思われるならどうしようもないです。

 

しかし、こちらもそうする以外に生きていくすべがないのです。

 

労働力を対価に評価もお金ももらっていたのだろうけど、労働力を差し出せない時がある。

会社(経営層)からすれば、おそらく標準的な働き方をできないひとたちを、雇ってしまった手前支えているという、ボランティアレベルのことなんでしょう。

現時点では、雇用の流動性が日本は少ないので、今あるリソースを活用する(女性活用の日本語は好きではありませんが)方がよいと判断されてきたのでしょう。

こちらも、特別なカードを持たない限り、新卒カードを切って、ケア責任(こどもなど)が発生して、いざ転職しようものなら、なにかを諦めざるを得ません。

 

それを今まで、だれがそっと教えてくれるはずだったんでしょうか。

戦略ミスしたとしても自己責任で、納得できなくても変化を受け入れざるを得ない、悔しさを伝えることもできず。

相談されても、『君は○○より恵まれてるんだから』の一言で片付けて、甘いケーキなどで慰めてやしないですか。

 

女性がひとくくりにされるのも、結婚や出産で制限されるのも、同性から疎まれたり妬まれたりするのも、男性並みの競争社会に肩肘張ってがんばるのにも、疲れました。

 

子育て以外にこんなに人間関係でストレスを感じるとは、思っていませんでした。

 

少し想像したら分かったことなのに、自分は大丈夫だろうと、たかをくくっていたのです。

 

なりたいものになるのに、こんなに大変だと思いませんでした。

地味に、それがショックで、気づくのが遅かったなとも思います。

 本当にふがいないです。

 

もちろん前提として命あればこそ、ですが、命あっても、自分に納得できないと辛くないですか。

ママ友たちは幸せなのか?

こんにちは。

ポンコツワーキングマザーのerenaです。

 

すっかり冷え込んできました。

もうすぐ冬ですね。

なにかとお忙しい日々を過ごされているかと思います。

 

みなさんは、何を楽しみに生きてますか?

 

私は、1番はたべることです。

素晴らしき3大欲求の一つだと思っています。

なので、私の場合は命はあっても、食べられなくなったその時は、私は死んだも同じになるのやもしれません。

楽しみがないと生きていることにはならないのか? と、そういうことを言っているのではありませんが。

私のモットーは「人生、楽しく生きる」なので、そういう話になりました。

 

さて、育休終えて復帰しましたが。

部署も仕事も変わり、職場に戻ってからは人間関係に悩みました。

こんなに人に振り回されて暗い気持ちに心が支配されるくらいなら、もう辞めてやる!!と心に決めたものの。

「会社の就業規則にある所定の退職届はどこ?探してもないぞ」と、つまずく。

さては、これは人事の策略か?

自分で作って持って行っても、所定の退職届でないので受け取れませんとか門前払いされて、スムーズに辞めさせないやつか?

と、思うわけです。

 

嗚呼、時間だけが過ぎていきます。

もったいない。

明日死んだら後悔しそうです。

 

誰も味方じゃない感がすごいんです。

誰とも本音を分かち合えない。(家族ですら)

一人じゃないけど孤独ってこういうことなんでしょうか。

 

不器用なので、そんなに人生うまく生きておりません。

 

というわけで、とりあえず孤独を感じる人間なりに、つらつらと書いていこうと思います。

 

話は変わりますが、ママ友って言われたら、誰が頭に思い浮かびますか?

私は今のところママ友はいません。

あれって、何をきっかけにママ友になるんですかね?

 

(あ、ママ友は、子育て世代のママとして大人になってから出会った人を指して言っております。

学生時代からの友人は、今回の話ではママ友の中に入っておりません。)

 

ママ友トーク、私もできないことはないんですよ。たぶん。

が、女性独特の、あの、中身のない話をダラダラと永遠にできる感じ。

旦那の愚痴、子どもの心配、親世代との葛藤、ご近所トラブル、お金がない。エトセトラ。。。

合いの手を入れつつ、全く相手に賛同できなくても、とりあえず話を聞いてあげる。

むしろ途中で自分の愚痴に置き換えて、乗っかって話してスッキリした気分になる、あれです。

 

なんだか時間の無駄じゃないですか?

何話したかも覚えてないようなたわいのない話ですよね。

でも、群れていますよね。

何故か考えてみたんですが、だれにも話を聞いてもらえないから、でしょうか。

群れていればとりあえず話相手ができますもんね。

 

そのために嫌なことがあっても我慢することありませんか。

まあ、たまに全ての人の悪口言える人もいますが、こういうレアパターンはどこに行ってもそうなので置いておきます。

 

ただ、その状況を作ってるのって自分自身じゃないですか。

(誰かに希望されて、この状況なんだって主張はナシの方向で。

だってそれを断ればいいじゃないですか…。

もし断れないのだとしたら、その選択肢に絞られた原因も、おそらく自分自身にあるのでは、と思います)

 

早く帰りたくても話が終わらなくて帰れないとか、貸してって言われたの貸したくないけどいいよって返事しちゃうとか、こないだのランチの立て替えの分返ってきてないな、とか…。

みんなどうでもいいことで、日々悩んでますよね。

窮屈ですね。

私は縛られるくらいならフリーダムでいたいです。

自由でいたいけど、できてないです。はい。

 

っていうかそもそもママ友っていりますか?

PTAみたいな他の役割が付随してるのは除いて、ママ友です。

 

私は、大人になってからの友達っていないんですよ。

(って言ったら一部の方に不幸な人だなと思われそうですが)

会社の同僚ですら、付き合いはしますが、友達って感じではありません。

仕事辞めたら疎遠になりそうです。

 

群れるだけのママ友たちは幸せなんですかね?

 

別に本当に幸せかどうかは本人しか分かりませんが。

もったいないですよね。

その時間をもっと他のことに活用できますよ。

 

…まあ、それを言うと自分にもブーメランで跳ね返ってきて、突き刺さって大ダメージなんですが。

 

しがらみから解放されたいですね。

我々は、こうあらねばならない、なんてことはないはずなんです。